ボコボコ毛穴

ボコボコ毛穴がある肌への一般的なケア


ボコボコした毛穴に、鏡を見るのが憂鬱という女性は少なくありません。頬にできやすいのがボコボコ毛穴ですが、これは肌にハリがなくなることで肌がたるみ、肌がボコボコに見えるのです。

 

毛穴周辺の皮膚がたるんで盛り上がってしまうことで、
毛穴と段差ができてボコボコに見えます。

 

このボコボコ毛穴は肌の老化が原因ですが、加齢だけが老化の理由ではありません。肌が乾燥していることでも肌の老化は進みます。実際の年齢というより、肌年齢が関係しているのです。

 

まずはアンチエイジングケアから (※若くても)

つまり、ボコボコ毛穴を作らないためには、アンチエイジングケアが重要となります。肌を若返らせてハリと弾力を与えればボコボコ毛穴を予防し、ボコボコ毛穴になりにくい肌を作ることが可能です。

 

年齢を重ねるごとにどうしても肌のコラーゲンやエラスチン、セラミドなどが減少し、肌の水分量も減って乾燥していきます。肌の乾燥は老化の第1歩です。まずは肌を乾燥させないということが大切です。

 

肌にうるおいを与えることを1番に考え、アンチエイジング成分の入った化粧品でのケアをしましょう。すぐに変化が現れるわけではありませんが、根気よく続けていくことでふっくらとしたきめの細かい肌に変わっていくでしょう。

 

このケアでボコボコ毛穴になりにくい肌を作ることができますが、ボコボコ毛穴の改善に有効ですので気長にケアを続けていきましょう。

 

普段の食生活や生活習慣

また、食生活や生活習慣、ストレスなども、ボコボコ毛穴になりにくい肌にするために重要です。健康でハリのある肌を作るために、バランスの良い食生活、十分な睡眠、ストレスを溜めないようにすることなど、注意して生活しましょう。

 

喫煙はコラーゲンを生成する際に必要なビタミンCを大量に消費してしまいますから、喫煙習慣のある人は禁煙するのをおすすめします。

 

肌のターンオーバーの周期は28日といわれています。ボコボコ肌になりにくいケアを続けて1か月後には、何らかの違いが分かってくるでしょう。

最近毛穴の汚れや凹凸が目立つと感じたら

毛穴が目立つ原因は、皮脂の詰まりが原因の黒ずみ、メラニン色素が沈着した黒ずみ、弾力の低下によって起こるたるみの3つが挙げられます。

 

皮脂というのは正常に分泌されていれば問題ありませんが、分泌が過剰になると毛穴がどんどん開いてしまいます。この状態が慢性的になってしまうと、皮脂に加えて汚れが付着したり古い角質が混ざってしまった角栓というものが毛穴の中に出来てしまいます。

 

角栓はもともと白っぽい色をしていますが、皮脂などの油分を含んでいるために、空気にさらされていると酸化して黒ずんでいきます。つまり、毛穴に黒いものが詰まって開いてしまった状態になるので目立ってしまうのですね。

 

この黒ずみの原因は角栓だけではなく、メラニン色素の沈着によって引き起こされていることもあります。メラニン色素が沈着して起こるシミやくすみは肌に出来ると言うイメージがありますが、

 

実は毛穴の中にもメラノサイトがあります。ですので、紫外線を浴びたり、ムダ毛処理でダメージを与えたり、タオルでこすったりするとメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を生成してしまうのです。

 

毛穴はターンオーバーしにくい部分で、色素沈着による黒ずみが引き起こされやすいので気をつけなくてはいけません。

 

また、加齢や保湿成分の減少、乾燥肌などによって引き起こされる、いわゆるたるみ毛穴も毛穴が目立つ原因となります。たるみ毛穴というのは、皮膚が弾力を失ってたるむことにより、毛穴が引っ張られて縦長の涙型になってしまっている状態のことをいいます

 

肌に弾力があって、内側がしっかり潤ってハリを保っていれば毛穴が引っ張られることはありませんが、加齢などによってコラーゲンが減少したり、水分保持ができなくなると肌は下に下がってしまいます。毛穴は自分の力で形を支えることが出来ないので、重力によって縦に開いてしまい目立つようになってしまうのですね。

 

他にもいろいろな原因がありますが、原因に合わせた毛穴ケアを行っていけばきちんと解決出来るので、目立ってきたなと感じたら早めに解決策を実行しましょう。