顔 ボコボコ 原因

30代後半から多い顔の毛穴のボコボコ

毛穴が広がり肌表面のデコボコが目立ってくるのは、
だいたい30代後半からだと言われています。
また、40代に入ると急激にコラーゲン量や女性ホルモンの分泌量が減少するため、
肌のたるみや皮脂分泌が増えることで毛穴が目立ちやすくなるようです。
加齢の他にも紫外線や間違ったスキンケアなども、デコボコ毛穴が目立つ原因となります。

女性ホルモンの肌への影響はとても大きく、
40代に入って分泌量が減ってくると肌周期が乱れがちになります。
肌のターンオーバーとも呼ばれる肌周期が乱れると、
剥がれ落ちるべき古い角質が肌表面に残ってしまい
毛穴を詰まらせてニキビの原因となります。
また、肌が乾燥しやすくなり、毛穴がどんどん目立つようになってしまいます。

年代に合う化粧品を
20代や30代からずっと同じ化粧品を使い続ける人もいるようですが、
年代によって肌の状態や必要な美容成分が異なるので、
年齢に合った化粧品選びをすることがとても大切です。
特にデコボコ毛穴に悩んでいる人は、保湿成分が
多く含まれている化粧品を選んで肌を乾燥から守ってあげるとよいでしょう。
洗顔料も刺激が強いものは、角質を剥がれ過ぎたり皮脂を
落とし過ぎるおそれがあるので、低刺激のものを使うことをおすすめします。

女性ホルモンの影響
女性ホルモンの分泌を少しでも増やすために、ロイヤルゼリーやイソフラボン、
プラセンタをサプリメントなどで補給するのもよいでしょう。
また、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品は女性ホルモンを増やす
大豆イソフラボンが多く含まれているので、積極的に毎日の食事に取り入れましょう。
朝食も洋食よりも和食のほうが、栄養バランスが取れた食事になりやすいので
和食中心の食事に切り替えてみることもおすすめです。

年齢ごとに皮脂分泌や角質の剥がれ方が異なり、肌周期も期間が長くなってくるので、
年齢にあった正しいスキンケアを心がけましょう。
また、目立つ毛穴にはしっかりとした保湿と紫外線対策を徹底して行うことで、
改善されやすくなります。