ボコボコ 毛穴 頬

保湿をしても効果が無いのが肌の老化のせい?

頬にできたデコボコ毛穴に悩んでいる女性は多くいます。
いろいろな毛穴対策をしていると思いますが、
あまり効果がないという人も中にはいるのではないでしょうか。

30歳を過ぎると目立ってくることからもわかりますが、
頬のデコボコ毛穴の原因として考えられるのが老化だといいます。
加齢によって次第に毛穴が開いていき、デコボコ毛穴となるのです。

しかし、実は毛穴の大きさは若いころとほとんど変わらないのだそうです。
肌が老化することでハリや弾力がなくなり、
たるみがおきることで毛穴が開いているように見えるのです。

老化が原因とはいいますが、同じ年齢の人でも毛穴が目立たない人もいます。
この違いは肌年齢の違いと言えるでしょう。
頬のデコボコは実際の年齢よりも肌年齢が重要になってきます。
そして肌年齢が上がってしまうのは、皮脂が大きく関係しています。

皮脂には不飽和脂肪酸が含まれています。
この不飽和脂肪酸は肌にずっと触れたままでいることで劣化し、
肌の老化を早めてしまうのです。
つまり、頬のデコボコ毛穴対策に重要なのは、皮脂をしっかり洗い流すということです。

毛穴ケアをしていてもなかなか改善しないという人は、
日頃の洗顔を見直してみるのをおすすめします。
ただし洗いすぎは肌に負担をかけてしまいますから、
負担をかけないように優しく丁寧に洗うことが大切です。
すすぎ残しもNGですから、すすぎにも気を付けましょう。

そして、もうひとつデコボコ毛穴対策に重要なのが洗顔後の保湿です。
乾燥は肌の老化の原因となりますから、
肌を乾燥させないためにも洗顔後は速やかに化粧水を使います。
頬のデコボコ毛穴に効果的と言われているのが保湿成分のセラミドです。
デコボコ毛穴対策にはセラミドが配合されている化粧品を選ぶのをおすすめします。

余分な皮脂をきちんと落とし、しっかり保湿を行うことで、
頬のデコボコ毛穴はしだいに改善していきます。
まずは1ヶ月ケアを続けていきましょう。
肌がふっくらしてきたら、デコボコ毛穴は目立たなくなります。