セラミド 毛穴

セラミドがボコボコ毛穴に必要なワケ

肌のハリやうるおいというのは、どんなに丁寧にスキンケアをしていても、
加齢やダメージなどで失われてしまうことがあります。
中でも、肌を外部の刺激から守って、さらにヒアルロン酸などが
保持している水分の蒸発を防ぐ役割を持っているセラミドは、
表皮に一番近い角質層にあるので失われやすくなっています。
セラミドが減少すると、バリア機能が低下してしまうために肌老化が早まってしまいます。

肌が老化すると毛穴の周りの皮膚も老化してすり減るような形になってしまうので、
毛穴がすり鉢のような状態になりデコボコになってしまいます。
毛穴は乾燥するだけでも開いて目立ちやすくなりますが、
セラミドが減少してしまうと陰影のある毛穴になるので余計に目立ってしまうのです。
これを解消するためには、失われてしまったセラミドを取り戻して、
バリア機能を回復させてハリとうるおいのある素肌にしていかなくてはいけません。

セラミドは毛穴ケアにもちろん効果があるのですが、乾燥肌やアンチエイジングのための
化粧品にも配合されている、今もっとも注目されている保湿成分になります。
デコボコ毛穴だと、ピーリングや洗顔などで突き出ている部分を取り除くケアをするのが
一番と言うイメージがありますが、たるみなどによって引き起こされている場合は
セラミドを補給することが先決です。

水分をしっかり保持してハリやうるおいを取り戻さない限り、
凹凸は綺麗にならないのでセラミドが配合されている化粧品できちんとケアをしましょう。

またセラミドは水分の蒸発を防ぐだけではなく、スポンジのように水分を保持するので
角質層自体をふっくらさせて表皮のキメを整えるという働きもしてくれます。
キメが粗いと光の反射率が悪くなるので、余計に毛穴の陰影が濃くなってデコボコが目立ちます。
つまりセラミドを補うことで、キメが整って光が綺麗に反射する肌へと改善していくことが出来るので、
ハリやうるおいと併せてデコボコ毛穴の悩みを解消することが可能になるのです。