毛穴落ち ファンデ

クレーター状の毛穴に入り込むファンデに注意

年齢を重ねた肌に表れやすいのがクレーター状の毛穴です。
頬にできやすいという特徴があり、オレンジの皮のように肌がデコボコしています。
このクレーター状の毛穴は、毛穴がぼつぼつと目立っていますが、
よく見てみると毛穴の形が縦長になっていることが分かります。

クレーター状の毛穴は、肌にハリがなくなることで皮膚がたるんでしまうことが原因です。
頬のあたりの皮膚を上に引き上げると毛穴が目立たなくなるという特徴があります。
老化によって肌のハリや弾力がなくなり、たるみがおきることで
毛穴の周りに段差ができてクレーターのようなデコボコになるのです。

こうなってしまうと通常の毛穴ケアだけでは改善しません。
洗顔をして毛穴をキレイにしてもクレーター状の毛穴の改善には意味がないのです。
原因は肌のハリがなくなってしまうことなので、肌のハリを取り戻すようなケアが必要です。

クレーター状の毛穴にファンデーションが入り込むと、毛穴落ちという状態になります。
クレーター状の毛穴だとメイク汚れが毛穴に溜まりやすいので、毛穴つまりに注意が必要です。
汚れが残っていると詰まった皮脂や汚れが酸化し、肌の老化に繋がります。
毛穴はクリアな状態にしておくのをおすすめします。

肌のハリが失われるのは加齢や乾燥、紫外線などが原因です。
クレーター状の毛穴対策には、まずは肌にたっぷり水分を与えて保湿ケアをすることが必要です。
アンチエイジング成分の入った化粧品でのアンチエイジングケアも重要です。
肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチン、肌のうるおいを保つ
ヒアルロン酸やセラミドなどのエイジングケア成分が入っているものがおすすめです。

また、スキンケアだけでなく表情筋を鍛えることも、クレーター状の毛穴を改善に期待できます。
表情筋が衰えることで肌のハリが低下していることも考えられるためです。
毎日少しずつでもエクササイズやマッサージなどを行って頬のたるみを改善していきましょう。