毛穴トラブル 種類

毛穴トラブルの種類

毛穴の種類は、大きく分けると、
デコボコ毛穴、黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴の4種類になります。

 

毛穴のケアはどの種類かによって方法も違うものですが、
これらに共通しているのは、どれも肌がダメージを受けることで引き起こされるということです。

 

こういった毛穴にならないためには、正しい洗顔と保湿ケアを
毎日しっかり行っていくことが予防策になりますが、
トラブルが起きてしまったらそのタイプに合わせたケアを行わなくてはいけません。
そのためにも、見分け方をしっかりマスターしておきましょう。

 

まずデコボコ毛穴ですが、これは他のタイプとは間違うことはありません。
角質肥厚や肌のたるみ、乾燥などによって引き起こされているので、
どういったことが原因になっているかをしっかり見極めてケアしていきましょう。

 

黒ずみ毛穴は、角栓が詰まっているタイプと色素沈着を起こしているタイプの2つに分かれます。
角栓が詰まっている場合は、蒸しタオルなどで緩めると洗顔で落とせますが、
ケアをしても何の変化も見られない場合は色素沈着による黒ずみです。
色素沈着は美白をしていかないと改善できないので
、肌と同様に美白化粧品を利用してケアしてください。

 

開き毛穴とたるみ毛穴は見分けにくいかもしれませんが、
毛穴の形を見るとどちらのタイプかが分かります。
開き毛穴の場合だと、皮脂の過剰分泌によって引き起こされているので、
毛穴の形は丸いままで開いている状態になっています。

 

たるみ毛穴というのは、皮膚のたるみによって毛穴が引っ張られている状態なので、
楕円形や涙型に開いていますから、普通の形でなければ開き毛穴ではありません。
ただし、たるみ毛穴の初期段階だと、開き方に違いがないのでわかりづらいこともあります。
こめかみあたりをぐっと上に引っ張り上げてみて、これで毛穴が目立たなくなるようであれば
たるみ毛穴、引っ張っても目立つようであれば開き毛穴ということになります。

関連ページ

乾燥肌の毛穴トラブル
肌のキメがバラバラになって毛穴の凹凸が目立ってしまう事が多い乾燥肌のスキンケアは?
化粧溜まりの原因
ファンデーションによる化粧溜まりができてしまう人の肌の共通点に毛穴の開きが・・・